自然園の舞台裏

郡上八幡自然園の裏方仕事日記

プールそうじ

いよいよ夏本番!プールの季節到来です。

自然園のプールは森の中の屋外型という超天然自然なのは良いですが、その分、メタセコイアの葉や枯枝が浮かび、アメンボ、ミズスマシなどがどこからともなく移住してきて、放っておくとすぐに「池」状態になりすいです。

生き物が繁殖するのは、ある意味安全な証拠かも知れませんが、泳ぐとなるとある程度消毒された清潔感のあるプールの方が良いですよね。

ということで、今日は朝から一旦プールの水を全部抜き、底や壁についた緑の藻をブラシで落とす作業をしています。

8月中のみ、プール品質の水管理をしています。誤って飲み込んでしまっても、まず衛生上問題ないようになっていますので、ご宿泊のお客様は安心してご利用ください。

f:id:front-2:20180801094028j:plain

ご利用アンケートから うれしいご回答

当園では、学校団体利用時にご利用アンケートを頂いています。

手厳しいご意見も多々頂く中で、もちろん改善のためにありがたいものですが、今回は、褒めて育てる型のご回答を頂いたので、職員一同、読み回し涙しています(*^^*)

f:id:front-2:20180511110821j:plain

このような、ありがたいご感想を頂いた上は、職員がそれぞれ自発的に一層精進せざるを得ません。

ご利用本当にありがとうございました。そして、褒めて育てる学校様(校長先生でしょうか)の教育方針を心よりリスペクトいたします。

ムカデ対策をしました

 先日のハチ対策に続き、今日はムカデ対策です。

ムカデがバンガローに侵入するのを防ぐため、現在市販されている中では最も効力が高いとの噂の「ムカデ博士」(粒状粉末)という忌避剤を導入しています。

これを、バンガロー周りにずっと撒いていきました。

 f:id:front-2:20180510194219j:plain

実際、バンガローにムカデが出るのは、非常に稀です。年間1~2校さんから、ムカデがバンガローに出たと報告を受ける程度です。

 

けれど、プールの段下にある湿り気のある自然園職員寮は、そんな頻度ではなく、夜中に顔がむずむずするので振り払ったら、大きなムカデだったとか、お風呂で、トイレで、居間であらゆるところに出没するので、対策には本腰が必要です。しかし、このムカデ博士を撒くようになってからは、随分と出没頻度が減ったので、もはや自然園では必需品となりました。

 

これでバンガローにムカデが絶対出ないとは言いませんが、ひとまずご安心してお休みいただけると思います。

f:id:front-2:20180510194717j:plain

会長が、園内の謎の場所から、巨大シイタケをどっさり取ってきてくれました。

どこで生えているかは、教えてくれません、ナイショのようです(笑)

 

 

 

蜂の巣取り

この時期は、蜂が巣作りに一生懸命です。

f:id:front-2:20180508200850j:plain

中には、もう卵がいっぱい産み付けられています。

f:id:front-2:20180508201005j:plain

一つ一つ、取っていくしかありません。ほっておいたら、この巣からじきに40匹近い蜂が巣立ちして、さらに増えていきます。

f:id:front-2:20180508200911j:plain

大きくなってしまった蜂には、このハニートラップが有効です。

バンガローの軒下あたりに見かけたら、中に捕まった蜂が見えると思います。

f:id:front-2:20180508200936j:plain

 

林間学校の受け入れが始まりました

4月中頃からは、毎年ご利用いただいている学校様が野外学習で自然園を訪れます。

新緑の中、気持ちよさそうな入村式です。

f:id:front-2:20180427210712j:plain

プールの方も、準備が整いました。

と言っても、まだ水が冷たく泳げるわけではありません。

長良川が増水してカヌー体験が川で出来ない時などに、池の代わりに使われる用途になります。

あと、この時期は、広域消防で潜水訓練に使って頂いたりもしています。

f:id:front-2:20180427210743j:plain