読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然園の舞台裏

郡上八幡自然園の裏方仕事日記

春のオープニング準備

園内には、日当たりの良い斜面のあちこちに、太陽をいっぱい浴びようと可愛いふきのとうが花を咲かせています。

 

たぶん、ふきのとうには、太陽がこう見えるんじゃないかな。

春の陽射しが心もほぐしてくれるようです。

f:id:front-2:20170331113535j:plain

バンガロー前には、石が丸く並べられました。

これは、よりナチュラルな感じとなった火焚場です。(以前はコンクリブロック)

この中で、薪を使って火を炊いて、エコズーム(かまど)やグリルコンロを使って頂くという趣旨です。

f:id:front-2:20170331113600j:plain

大浴場の床も張り替えました。

清潔で、柔らかい床になりました。

業者さんは余裕もなくお願い出来ないので、スタッフが地道な作業をしています。

f:id:front-2:20170331113615j:plain

鼻水止まらないサイクリングマップ作り

ときおり雪がちらつく郡上八幡ですが、お客様がお越しになられる春までに、新しい体験活動の仕込みがいろいろありまして、なかなかやる事に事欠きません。


f:id:front-2:20170203223024j:image

あやしい感じになっていますが、この日は日中でも気温5℃のなかをサイクリングロードのマップ作りに出かけました。


f:id:front-2:20170203223222j:image

実際に何度かルートを走行してみて、目安となる所要時間と距離を計測して行きます。


f:id:front-2:20170203223422j:image

車のほとんど通らない県道側は、奥美濃裏街道として実に最高のサイクリングロードでしょう。


f:id:front-2:20170203223558j:image

川沿いの素晴らしい眺めに、ウットリします。


f:id:front-2:20170203223647j:image

今は木々も冬枯れて、少し寂しい趣きですね。

でも、春から秋までのキャンプシーズンには緑も青々とし、さぞかし美しい風景が広がることでしょう。

 

新プログラム「長良川テツ&チャリィ物語」どうぞお楽しみに!

"冬の自然園裏山を全速力で飛び跳ねて下りるだけの新スポーツ" を YouTube で見る


冬の自然園裏山を全速力で飛び跳ねて下りるだけの新スポーツ - YouTube

シカになって来ました

今日は郡上の冬ではなかなか珍しいくらいの晴れ渡った青空でした。


f:id:front-2:20170128162057j:image

スタッフと⛄雪に覆われた自然園の裏の山に登りました。


f:id:front-2:20170128162432j:image

頭に角が生えてる(^^)


f:id:front-2:20170128162538j:image

雪にはこんな形の足跡👣

カモシカ君です。


f:id:front-2:20170128162728j:image

なんかもうバテバテでしたね。
f:id:front-2:20170128163027j:image


f:id:front-2:20170128163136j:image

眼下には自然園と小瀬子村が見えています。
f:id:front-2:20170128163259j:image

白山連邦方面の眺望です。
f:id:front-2:20170128163415j:image

 冬の間に、少し伸び過ぎた柴を刈りたいと思います。