読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然園の舞台裏

郡上八幡自然園の裏方仕事日記

ハチ対策と ぜったい安全保障空間?のお話

今の時期(4~6月)は女王蜂が巣作りを始める時期です。

自然園では、毎年このようなハチを誘引する仕掛けを園内8箇所くらいに設置して先手を打ってはいます。(もちろんこれで100%巣作りを防止出来るものではありません)

巣が出来たところで、捕るだけ。とても簡単なことです(都会の人、怖がり過ぎ)。

蜂の巣があったからと言って、言語道断という話ではありません。

しかし、最近は極端なお客様もいらっしゃるのも事実で、「スズメバチが飛んでいる。危険なところだ」(それ、アシナガバチだし・・飛んでたところで刺されるわけでもないのに・・)というお声も度々頂きます。

 

里山のふもとで、ハチ一匹も飛んでないなんてことは、ないですよね。。

普通の自然を知らない。

 

日本の田舎の常識とかけ離れた世界観を持たれている方は確実に増えています。

自然園に入るとバリアーが張ってあって、虫も来ない完全な絶対安全保障空間でなければならないとの認識を持たれるお客様は本当に増えられました。リアルを知らない世代の増加はこの先どこまで行き着くのだろう。

これからどんなキャンプ場経営が相応しいのだろうと考えるきっかけを与えてくれますね!

ここは、キャンプ場、ごく普通のありふれた日本の自然の中にあることが前提です。

人造屋内公園やシェルターの中ではないのですが、それを求められる昨今です。

そんな現実離れ志向が良いか悪いかはともかく、でもそれが実現出来たら、これからの日本のニーズにはすごく合って、かなり流行るかも知れません。。

同業者の皆さんどうですか?

いっそのこと、VRキャンプ場なんてのが出来ても面白いのかも知れません。

スマホでキャンプ!自宅で安全!! みたいな。

f:id:front-2:20170507150459j:plain

さて、自然園ではGWモードを抜け今日から、学校団体様の受入を始めました。

これから、お休み無しの連続稼動始まりです!

心の中で、うれしい悲鳴で涙目になります。黄砂ですね。

すこうし、春霞と言った青空です、とても気持ちイイお天気。

この空気感は、まだしばらくはスマホでは味わえないでしょう。

生徒さんたち楽しく学びの多いリアル体験になりますように。

f:id:front-2:20170507150515j:plain